晴天の下でお芋ほり体験を楽しみました

9月29日に、平幼稚園愛組(年長)さんは、NPO法人グローバル・ミッション・ジャパンが運営している市民農園(いわき市下高久)にていもほり体験を楽しみました。
c0202171_19433260.jpg
ここは、復興支援として利用しているコミュニティーガーデンで、春先に植えて収穫の季節を迎えたサツマイモ(べにはるか)の収穫体験をさせていただきました。
震災後は、放射能の心配から直接土に触れるいもほりは幼稚園の行事としてできずにおりましたが、今回、放射線の測定により安全が確認された農場での収穫体験を実施することができました。
c0202171_19435582.jpg
c0202171_19435920.jpg
c0202171_19440928.jpg
c0202171_19440328.jpg
c0202171_19440694.jpg
c0202171_19464425.jpg
c0202171_19463727.jpg

当日は秋らしい快晴に恵まれ、ふかふかした畑で収穫を待つお芋の株の前に、園児たちが並んで、初めてのおいもの収穫体験となりました。貸していただいた手袋とシャベルを持った子どもたちは、お芋の根の周りを掘り始めると、あちこちから「おいもがあった!」との嬉しそうな元気な声が上がりました。おいもは、土のすぐ近くにあるものから、根を掘って行って、土深くにあるものなど様々。大きさも小さいのから、不思議な形をしたもの、そして顔より大きなおいもも収穫しました。
c0202171_19444939.jpg
一時間があっという間にすぎて、おいももたくさん収穫できました。
土に触れることがこんなに嬉しくて楽しいことなのか、子どもたちはとても素晴らしい体験をさせていただきました。
今度は、幼稚園でおいもを料理して、おいもパーティーを楽しみます!

by taira-kg | 2017-10-03 19:47 | 2017年度行事